読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆゆの結言実行

占いの話とか、お知らせとか、日々思ったことなどをつづっております。

出ない答えや出せない結論 と、現実

自分が直接関わることのできない分野のことを

 

あーでもない、こーでもない

あーすればいいのに、こーすればいいのに

 

そんなように考えること。

 

そういった「出ない答え」というものは

考えるだけでストレスホルモン出るし

そもそも時間つぶしにはなるけど解決はしないし

余計に病むしで

正直、良いことは一つもないと思います。

 

だから、私は出ない答えに関して考える時間に対して

唯一「無駄な時間」というレッテルを貼ってる。

 

もちろん、その出ない答えに気付くための時間だったのだと

後からでも、時間がかかったとしても、どこかで気付けたなら

無駄でもなんでもなく、悩んだ時間が素晴らしく貴重なものになるけど

 

答えでないとわかっててかける時間は、ほんと無駄。

 

 

 

あと、結論や結果が出てるのに出てないふりをしたり

自分の範疇を超えていて出せない結論に対して

「出ないどうして」と喚いて悲劇に浸るのも

堂々巡りにしかならないよ。

 

 

“結論が出ているのに出てないふり”の例は…

 

「いつも大変な目に遭うのはなんで?」

繰り返しているなら習慣化されているものを変えましょう。

“いつも”という言葉はルーティンができている証拠ですから、それを変えましょう。

大変な目に遭うことを許すのは、そろそろやめにしません?

 

「不幸の星に生まれたのかなぁ」

不幸なんだと自分が思いたいだけです。

自分の行動の結果でどうにでもなることに気づいてないか

気付いているのに見て見ぬ振りをしているだけです。

不幸の星に生まれておけば、自分を取り巻く全ての事象の責任を放棄できますから。

 

 

「こんなに頑張ってるのにどうして報われないの?」

“のに”報われないなら、今後は報われる努力をしましょう。

報われない行動しても、報われません。

そして不平不満や愚痴を吐いても報われることはないことに、そろそろ気付いて。

 

 

「なんで誰もわかってくれないの?」

まず自分をより深く掘り下げて理解を深めましょう。

自分のこともわかっていないと、他人にアプローチするのは至難の技です。

まさか「言わなくてもわかってくれ」「言わなくてもわかるだろ」

だなんて、思ってませんよね。

 

 

「苦労ばっかりさせられてしまうのはどうして?」

その苦労が嫌なことなのであれば、今までのやり方を今後一切捨てましょう。

今までのあなたのやり方は“苦労する為の方法”です。

苦労しても何かを学び取ってたら、自信と誇りに変わると思いますよ。

 

 

「やらなきゃいけないのに、できないのはなんでなの…」

そのやることに対してのメリットが感じられてないからじゃないでしょうか。

本当にやらねばならないことなら、できるできないの問題じゃないんです。

ただ、やってないだけ。そこにメリットを見出そうとするからおかしくなるの。

 

 

ごく一部ですが、こんなようなものが挙げられます。

 

 

 

 

出ない答えにこだわっている人たちは、

その考える時間に、毎日1つでもいいから

やりたいことやったらいいと思うのです。

 

やりたいことやったり

やらなきゃいけないことやってたら

毎日ってもんは自動的に充実するものですよ。

 

なんでなの、どうしてなの、

という悩みは、答えが出るものに使いましょ。

 

やりたいことがわからない、という人は

たくさん寝る!

美味しいもの厳選して食べる!

欲しかったものを買う!

ゆっくり読書!

何でもいいです。

自分のやりたいこと1つ、やってみることから始めてみませんか。

 

出ない答えを探すよりも、ずっとずっと

心が休まる時間になるんじゃないかと思います。

f:id:KasiiyuyU:20160906171216j:plain

 

ゆゆ